北京泰徳製薬株式有限会社はの研究開発センターは北京市北京経済技術開発区栄京東街にあり、建築面積約4.3万㎡となっており、施設内に研究開発楼、総合製剤楼と総合配套楼を含み、小式実験室は約1.4万㎡、中式車間は約1.6万㎡となっております。

  当研究開発センターには目下研究開発スタッフが150名余りおり、その内博士、碩士及び高級技術職のスタッフが50%以上を占めており、時を経て徐々に専門スタッフの研究開発イノベーション、国外専門家の技術指導、国内専門家の技術的サポートを有するグループと成りました。引き入れ-消化-吸収-再イノベーションのモデルを採用し、心臓及び脳の血管、感染、リウマチ、疼痛等の六大疾病領域を含む40項目余りの研究を行っています。当社は2007年に生物学的製剤領域の研究を開始し、生物学的製剤の新薬一種を開発し、現在既に奏功を得ております。

  2011年、研究開発センターは北京市工程技術研究センターと評され、2012年には博士課程科学研究作業地点が設立されました。近年、研究開発センターは20項目の国家、市レベルの重大科学技術プロジェクトを担当しており、主に“重大新薬創製”の特定項目、科学技術省の“国際協力”プロジェクト、工業情報化部の“重点産業の振興と技術改造”の特定項目等が含まれます。

  市場競争においては、当社は科学技術イノベーションを動力とする事を堅持し、核心的競争力を作りだすべく努力してまいりました。当社は全国医薬工業企業主営業務収入百強企業であり、研究開発センターは引き入れ-消化-吸収-再イノベートを研究開発の構想とし、アメリカ、ヨーロッパ、日本等多数の製薬会社及び研究所と技術提携しており、自己知的財産権のイノベートをたゆまず追求しています。

  DDS製剤で立脚、イノベーションを追求、非凡な志。未来の数年において、研究開発センターはイノベーション継続の理念を胸に、薬物イノベーション研究に力を入れ、模範的研究開発管理プロセス、人材奨励制度、科学的評価システム等の導入を通して、研究開発生産ラインを拡大し続け、“一つに精通し多方面を専門とする”というスタイルを実現していきたいと思います。DDS製剤の開発に精通し、且つ固形製剤、生物学的製剤、外用薬にも力を入れて開発を行います。積極的に国内の研究所と提携し、先頭に立って国内イノベーション薬物研究開発のプラットホームを作り上げ、北京泰徳製薬株式有限会社の研究開発レベルを中国製薬業界の最先端を行くよう推し進めて参りたいと思います。

研究開発